Topics

高出力・高線量小型冷陰極X線検査装置NEW

小型冷陰極X線検査装置シリーズ、TXR-C1R150P-04が登場しました。本装置はバッテリー駆動、予熱不要、小型軽量ながら、高出力かつ高線量の特徴があります。カーボンナノ構造体X線管により、管電圧130~150kV、管電流最大3mA、時間30~3000msのパルスX線を発生でき、今まで不可能だった配管やコンクリートの撮影が可能です。

News

検査の実例

① 鞄に入れもの ② 鯛 ③ 手ファントム ④ リチウム電池ボックス